受託解析の内容


流動解析

 

射出成形の流動パターンをシミュレーションすることにより、

潜在的な成形問題(ウェルドライン、エアートラップ、ショート

ショット等)を予測します。

設計段階での事前検証が容易に行う事が出来ます。


ゲート位置解析

 

3Dモデルより流動バランスが適したゲート位置を算出します。

ゲート数や型割り方向を指示する事で、充填バランスを考慮したゲート

位置を算出できます。


ヒケ変位解析

 

成形後の収縮により起こるヒケ変位を予測します。ヒケの変位量を

色分けにより大きく発生しやすい箇所を識別可能となり、設計段階で

対策をうつ事が出来ます。


冷却解析

 

冷却システムの効率性を検証でき、成形品内部の温度を観察でき、冷却工程の最適化をすることが出来ます。 

高度な非定常冷却もサポートしており、スチーム、電気ヒーター等の様々なタイプの加熱システムの解析や、コンフォーマル冷却のシミュレーションも可能です。


反り変形解析

 

信頼性の高い解析能力で、収縮と反りの挙動をシミュレーションします。

成形後の収縮による反り変形挙動を検証し、成形品の品質をコントロールできます。


繊維配向解析

 

繊維含有樹脂材料の射出成形における金型充填時の3D繊維配向を正確にシミューレーションします。

長繊維、短繊維の両方に対応しており、繊維強化されたプラスチック製品の成形工程による熱機械特性の異方性を計算します。

 


御検討の際は、お気軽にご相談下さい